死せる神々 ロシア幻想短編集Ⅲ

クリックで画像を表示
表表紙

 19世紀~20世紀前半のロシアの幻想的短編小説を集めたアンソロジーの第三弾。

小説家としての邦訳・紹介は多分これが日本初となるイワン・キレーエフスキー、アレクサンドル・アンフィテアトルの代表的短編の他、オドエフスキー、アンドレーエフらによる計6篇を所収。
サイズ:B6判
総ページ数(本文):136ページ。(うち図版4ページ)
発売日5月17日(水)

◎弊社でのご入金確認後、発送までに2~3営業日かかります。
◎発送はヤマトメール便となります(配達日時指定不可。追跡可能)

目次


オパール (キレーエフスキー) ・・・・5
騎士ジャンバティスタ・ピラネージの諸作品 (オドエフスキー)・・・・25
死せる神々 (アンフィテアトル) ・・・・41
夢の彫像 (アンフィテアトル) ・・・・・65
沈黙 (アンドレーエフ)  ・・・・・81
ヴェネツィアの鏡、
或いはガラス人間の奇妙な冒険 (チャヤーノフ)・・・・・103
解説 (西 周成) ・・・・131


 

  • 価格:1,188円
  • 注文数: