『夢』(DVD、ミハイル・ロンム)

クリックで画像を表示
ジャケット表紙
クリックで画像を表示
ジャケット裏
クリックで画像を表示
本編の1シーンより
クリックで画像を表示
ヒロインのアンナを演じたエレーナ・クジミナ
クリックで画像を表示
リヴォフでロケされたシーン
クリックで画像を表示
特典映像:ドヴジェンコ『解放』(40)より

ソ連時代に国立映画大学で教鞭をとり、グリゴリー・チュフライ、アンドレイ・タルコフスキー、アンドレイ・コンチャロフスキー、ニキータ・ミハルコフ、セルゲイ・ソロヴィヨフといった錚々たる監督達を育てるかたわら、『一年の九日』や『ありふれたファシズム』等の優れた作品によって自らも国際的に評価されていたミハイル・ロンム(1901~1971)。
本作品はその彼が、スターリン時代の1941年に監督し、自作の中で最も愛していた作品の一つ。
●ご注文後、1週間以内にお支払いが確認できない場合はキャンセル扱いとさせて頂きます。
●送料は代金に含まれております。

ロンムと脚本家のガブリローヴィチは第二次大戦の勃発直後の1939年秋にベラルーシ西部の都市に2ヵ月間滞在し、この映画の想を得た。彼らは自分達の見聞を基に舞台をウクライナ西部の都市リヴォフ(リヴィウ)に移して脚本を執筆(両地域は文化的にも歴史的にもポーランドとの関係が深く、メンタリティーが似ている)、翌40年春には撮影が始まった

ささやかな希望を抱きながら懸命に生きる“小さな人間”達の群像劇として秀逸であり、今でも時代を超えて観る者の共感を誘う。フランクリン・ルーズベルトは、“夢”荘の女主人を演じたファイナ・ラネフスカヤの演技に感銘を受け、この映画を“地球上で最も見事な映画の一つ”と称賛したと言われる。

●本編:99分、モノクロ、スタンダード、ロシア語
●仕様:Mpeg-2、ドルビー・デジタル、片面一層。モノラル音声、日本語字幕
●解説メニュー(ロンムの略歴、作品解説、合計13ページ)
●映像特典(A.ドヴジェンコ監督『解放』(40)、ロンムの監督デビュー作『脂肪の塊』(34)、『十月のレーニン』(37)からの抜粋、解説メニュー付)

  • 価格:2,800円
  • 在庫数 : 50
  • 注文数: